琴教室

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

皆様はどのようなお正月を過ごされたのでしょうか。今年は例年と違い、実家に帰らず一人で迎えた方もいたのではないでしょうか。家族で楽しむにも気を使う状況が早く収まることを願います。

私はと言いますと、お正月は演奏のお仕事があり、慌ただしくお雑煮とお節を食べて飛び出すというのが毎年恒例となっていましたが、ありがたいことに今年も1日から3日までホテルで演奏させていただきました。パワースポットの赤坂日枝神社のすぐお隣で、草月の生命力あふれる生花の気を浴びながらの演奏は、新年からとても気持ちの良いものでした。

お正月はご家族でお食事にいらっしゃるお客様が多く、入り口真っ正面で弾いているので足を止めて聞いてくださるのですが、中でも特に小さなお子様がお琴にとても興味を持ってくださいます。お食事中に何度も来て聞いてくれたり、「きれいね〜」とお琴の前から離れなかったり、知っている曲を歌ってくれたり、初めて見るお琴に興味津々。3日目に5回も聞きに来てくれた女の子に「触ってみる?」と声をかけたら喜んで触っていました。まだ3歳ということでしたが、じっと演奏を見ていたので、上手に手を動かして音をならしていました。あまりに楽しそうにずっと触って弾いていて、なかなかレストランに戻らないので、お母様もちょっと気になったのか「何歳から弾けますか」「楽器は最初から買わないといけないのですか」などの質問を受けました。

お琴は指でただ撫でるように引っ張るだけですぐ音が出ますので、小さなお子様でも楽しめます。楽譜は漢数字なの小学校一年生で読めるようになるのですが、小さいうちはひらがなにしたり糸の番号を歌いながら覚えたりして、案外簡単に弾けるようになってしまいます。

お琴は、誰が弾いても最初から澄んだ綺麗な音が出る楽器です。小さいうちから美しい音を聞いて育つと心が豊かな子供に育つと思います。また、教室のレッスンも「アンパンマン」などの知っている曲からスタートしますので、練習する間に集中力も身につきます。

1月はテレビやスーパーなど色々なところでお琴の音楽が流れています。また、ショッピングモールやホテルなどで実際にお琴の生演奏に触れる機会も多いと思います。普段は見かけない、あまり知られていないお琴をみて、お子さんが興味を持ったり熱心に聞いていたら、ぜひお琴を体験させてあげてください。もしかしたら、すごい才能が花開くかもしれません。

教室では無料体験レッスンを随時受け付けています。今、こういう時期だからこそ、お子さんが打ち込める趣味の一つとして、お琴を始めてみませんか。

感染対策もきちんと行なっています。ぜひお気軽に、お琴に触って楽しい時間を過ごしに来てください。

-琴教室

© 2021 Sayaka Kaneko